コンストラクテッドルック

コンストラクテッドルックとははっきりと形作られたルックス。 無構造仕立てのアンコンストラクテッドに対抗する形で台頭してきたファッションで、メンズスーツにも肩パッドを入れ、構築感を強調するタイプのものが増えてきた。肩先にパッドを入れ、ショルダーラインを高くまたは広く誇張するテックニックをパッテッドショルダーという。
ショルダーラインは流行により左右されるが、肩線が角張った形になるスクエアショルダー、袖付けを通常位置より内側にし、芯・パッドなので盛り上がったように見せるビルドアップショルダー、ピエールカルダンが1979年に発表した肩先を高く、肩線をくぼませて反りあがったショルダーラインの、パゴダショルダーなど。裁断、芯地、パッドで構築されるショルダーライン。

関連項目 Edit

スーツ
スクエアショルダー
芯地

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る