クレポン仕上げ

クレポン仕上げとは織物に、後加工によってクレポンのような大きなしぼを発現させる仕上げ法。
綿織物を対象にし、苛性ソーダによって綿が収縮する原理を応用し、高濃度の苛性ソーダを糊に加えて布上に印捺してその部分を縮ませ、他の縮まない部分とでしわをつくりしぼを発現させる法。もう一つはアルカリに強い糊で織物上に印捺し、この布を苛性ソーダ液に通して糊のない部分を縮める方法もある。

関連項目

織物
後加工
クレポン
綿

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る