エメラルドグリーン

エメラルドグリーンとは緑柱石のような鮮やかな緑のことで、これに似た緑が工業生産され呼ばれるようになった。1814年、ドイツのシュバインフルトが人口顔料としてつくった。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る