アンバー

アンバーとは、地質時代に植物樹脂が埋もれて出来た天然鉱物の琥珀の意味で、それに見られる明るい黄褐色のこと。
色名では琥珀色とも呼ばれ、だいだい色がかった黄色のことを指す。日本などの黄色の交通信号をアンバーライトと呼び、古来よりアンバーは装身具や装飾品に多く用いられている。

関連項目

アクセサリー
琥珀色
色名

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る