へリングの反対色説

へリングの反対色説とは色の識別に関する色覚理論の一種。、黄、緑、の4原色を基本に、と緑、黄と青の補色関係や、白と黒の無彩色を組み合わせれば、色を識別出来ると考えた説の事。オスワルトの色相環は、ヘリングの説に基づいている。

関連項目



補色
無彩色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る