液流染色

液流染色とは一定の長さの織物を反末同士を縫い合わせてループ状にし、ノズルから噴射される染液の流れ(ジェット流)に乗せて生地を移動、染浴中で循環させながら染める染色方法のこと。ジェット染色ともいう。風合いが良く、ループしわが発生せず、ウインス染色より染色効率が高いが、毛羽が立ち、気泡による染色ムラが起こることがある。ポリエステルアクリル綿織物編物に多用される。

関連項目

染色
織物
ウインス染色
ポリエステル
アクリル

綿
編物

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る