山繭

山繭とは野蚕絹の一種。山野で飼育されたクヌギやナラなどの野生植物を食して飼育されるもので透き通るよるな美しい緑色が特徴。天蚕絹とも呼ばれ、光沢がありやわらかく、繊維のダイヤモンドとも呼ばれる。日本原産である。

関連項目

繊維
天然繊維
動物繊維
野蚕絹

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る