コアヤーン

コアヤーンのコアとは「芯」の意で、綿や羊毛を紡績するとき、フィラメントポリエステルスパンデックスが使われる)を芯に挿入してつくる
すなわちフィラメントのまわりを綿または羊毛で被覆(ひふく)したのこと。スパンデックスを芯にしたストレッチヤーンとなり、ストレッチ織物や、ニットに使われる。ポリエステルフィラメントを芯にしたものはオパール加工用の織物ニットなどに使われる。

関連項目


綿
紡績
フィラメント
スパンデックス
ストレッチヤーン
織物
ニット
オパール加工

あなたにおすすめ関連記事


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る