Chloe・クロエ通販 の変更点


***ブランドヒストリー [#s6abfb44]
クロエの創業は1952年、2人のパリ市民、Jacques LenoirとGaby Aghionによって設立された。Gaby Aghionはアレキサンドリア生まれのエジプトの貴族だったが、第2次世界大戦中にカイロから逃亡。パリに行き着いた。

[[ブランド]]の名前はロンゴスの古代小説「ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボスの物語」を原作とした、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」が由来で、この作品は、ダフニスとクロエの恋物語で、主人公であるクロエの優雅な踊りからインスピレーションを得たという説もあるが、Gabyが自分の名前を気に入らなかったため、フェミニンな感覚のある友人の名前から「クロエ」をとったとされる。

クロエの高級[[プレタポルテ]]はロマンチックで、かつシックであり50年代のフレンチ・ファッションを代表するものとして明確な地位を確立した。1963年には、創業家がヘッドデザイナーとしてKarl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)を任命。ラガーフェルトが作成したフローラルの花柄プリントやシェイプされたデザインはクロエの名を益々高めた。1970年にはクロエ社とコロネット商会が、ライセンス契約を結び、国内での展開がスタート。1974年に導入された、フレグランスはベストセラーとなった。

1985年には、スイスの高級ラグジュアリーグループ、Richemont(リッチモント、またはリシュモン。カルティエ、ヴァン クリーフ&アーペル、ピアジュ、ボームメルシー、モンブラン、ジャガー・ルクルト、アルフレッド・ダンヒルを持つLVMHに対抗するグループ)が、AghionとLenoirからクロエを買収。80年代の終わりには、国際市場拡張のために、Martine Sitbon(マルティーヌ・シットボン)がデザイナーに就任。クロエに彼女らしいユニークさと現代のビジョンをもたらした。

1992年にはラガーフェルドが復帰。5年にわたってクロエを再構築し、ネオ・クラシックドレスやヒッピー風のレースでクロエはさらに成長。そして、1997年、26歳のステラ・マッカートニー(Stella McCartney)がクリエイティブ・ディレクターに就任する。ステラはビートルズのポール・マッカートニーの娘でありセント・マーティン出身。ステラの若くて元気なセンスは再度クロエに新しい感性を注ぎ込んだ。

クラシックでロマンチックなクロエにストリート感覚を持ち込み、[[テーラードスーツ]]ではイギリスの[[ビスポーク]]感覚を取り入れ、彼女独特の[[キャミソール]]で女性らしさを表現。ローライズ[[ジーンズ]]にペアとなる[[ブラウス]]と[[テーラードスーツ]]を組み合わせるなど新しい感覚を巧みに表現した。しかし、父親譲りの菜食主義者で環境保護に熱心な彼女は一説によると毛皮の使用などで会社ともめ、グッチグループに引き抜かれる形でデザイナーを降板。

2001年4月、4年間ステラのパートナーであった、Phoebe Philo(フィービー・フィロー)が、クリエイティブディレクターに就任。モデルのようなスタイルを持つフィービーは1973年にパリで生まれ、ロンドン郊外で成長。1993年公立高校を経て、セントマーティン入学。1996年、卒業を1年前にして、クロエに取り組むためパリに招待された。この期間に、クロエは従来の女性らしいロマンチックさに加え、若くセクシーな感性を取り入れた。今、最も美しいデザイナーである。彼女はさらなる再構築をクロエに施し、2001秋冬コレクションから、カジュアル・ライン「See by Chloe」(シー・バイ・クロエ)を開始し、[[アクセサリー]]やスイムウエアといった新しいカテゴリーもスタートした。

2004年フィロが英国ファッションアワードのベスト・デザイナーを受賞。

2005年秋冬コレクションはフィロが妊娠していたこともありデザインチームが手がける。2004秋にシルベラードバッグがわずか数週間で6000個完売し、シエナ・ミラーも購入。2005年、 パディントンバッグが大ヒット。

2005年12月クロエ青山のオープンを記念して、青山の紀ノ国屋跡地(東京都港区北青山3-11-7)に12月1日から2006年1月12日までの期間限定でクロエ・カフェがオープン。プロデュースは山本宇一が担当。クロエ青山は1月14日に、東京都港区南青山5-3-2(カルティエ南青山と同じ敷地)にオープン。オープン記念の限定品はシャンパンゴールドの「パディントン」バッグ。レザー素材に、スワロフスキーのラインストーンが散りばめられたもので、限定100個。

2006年1月、フィービー・フィロが家族とより多くの時間を過ごしたいという「個人的な理由」で辞任。後継者は発表されず、3月の2006-2007秋冬コレクションは、社内のデザインチームによってクリエイトされる。フィロが出産・育児休暇中だった時、デザインチーム(Sara Jowett、Natasha Lee、Valeska Duetsch、Adrian Appiolaza、Yvan Mispelaere)が彼女に代わってデザインしたことがある。

2006年10月、クロエは新デザイナーにPaulo Melim Anderssonを起用し、2007年3月に最初のコレクションを披露すると発表。Paulo Melim Anderssonはスウェーデン出身。ロンドンのセント・マーティンとロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業し、7年間マルニで働き、デザイン・ディレクターだった。「Pauloが、クロエーのデザイン・レガシィの一部となることに、私たちは興奮しています」とクロエのRalph Toledano会長。

2008年3月、クロエのラルフ・トレダノ(Ralph Toledano)会長兼最高経営責任者はクロエのクリエイティブ・ディレクターに38歳のHannah MacGibbonが就任したと発表。Paolo Melim Anderssonは辞任した。MacGibbonのデビューコレクションは10月の2009年春夏コレクションとなる。Hannah MacGibbonはロンドンのセントマーティンを卒業後、ヴァレンティノ・ガラヴァーニのアシスタント・ディレクターを経て、2001年にクロエに参加。フィービー・フィロがデザイン・スタジオをパリからロンドンに移した時に2人の英国女性、MacGibbonとBlue Farrierを引き入れ、2006年10月にはクロエのチーフデザイナーとなっていた。「Pauloは本当に才能のあるデザイナーです。また、私たちは、クロエへの彼の貢献に感謝します。彼が今後も成功すると信じています。Hannahは長年私たちの会社の不可欠な部分でした。また、私たちは、彼女が世界的に成長しているクロエへもたらす創造的なビジョンを楽しみにしています」とトレダノ。

2011年3月28日から、ディフュージョンライン、See by Chloeの新デザイン・ディレクターに元イゼべル・マランのデザインアシスタントだったLaure de Sadeが就任する。

2011年6月1日、元プリングルのデザイナー、Clare Waight Kellerがアーティスティック・ディレクターに就任。Hannah MacGibbonは「新しいプロジェクトを追求する」ために辞任した。「私たちはHannahをクロエの歴史に残る偉大なデザイナーの一人として誇りにしています」とクロエの最高経営責任者Geoffroy de la Bourdonnaye。~
Kellerは英国出身。Ravensbourne College of ArtとThe Royal College of Artを卒業。カルバン・クラインとラルフ・ローレンを経てグッチでトム・フォードのシニア・デザイナーを務め、2005年にはプリングルのクリエイティブディレクターに就任していた。「パリで最も有名なデザインハウスの1つに参加できて、私は興奮しています。クロエは次の世代まで続く、生まれながらの女性らしさと活発で洗練された美しいセンスを伝える[[ブランド]]です」とケラー。
MacGibbonのコレクションは評価も高く、アクセサリービジネスも開発。日本でヒットしたフレグランスも指揮したものの、フィービー・フィロの時代に比べると売上は落ちていたとされている。

#splitbody(){{
#split()
[[Chloeレディス楽天ショッピングページへ>http://ecustom.listing.rakuten.co.jp/rms/sd/ecustom/mall?g=0&sg=0&aid=0d48bc9a.d93ebd12&v=3&sub=1&s=5&sw=Chloe&f=A&p=1&cl=878787&nm=apparel-fashion+wiki&bk=apparelwiki.symphonic-net.com%2F&hd=apparelwiki.symphonic-net.com%2Fpukiwiki.gif&pv=0]]

#htmlinsert(ychloelady.html)

[[Chloeメンズ楽天ショッピングページへ>http://ecustom.listing.rakuten.co.jp/rms/sd/ecustom/mall?g=551177&sg=0&aid=0d48bc9a.d93ebd12&v=3&sub=1&s=1&sw=Chloe&f=A&p=1&cl=878787&nm=apparel-fashion+wiki&bk=apparelwiki.symphonic-net.com%2F&hd=apparelwiki.symphonic-net.com%2Fpukiwiki.gif&pv=0]]
[[Chloeメンズ楽天ショッピングページへ>http://ecustom.listing.rakuten.co.jp/rms/sd/ecustom/mall?g=551177&sg=0&aid=0d48bc9a.d93ebd12&v=3&sub=1&s=1&sw=Chloe&f=A&p=1&cl=878787&nm=apparel-fashion+wiki&bk=apparelfashionwiki.com%2F&hd=apparelfashionwiki.com%2Fpukiwiki.gif&pv=0]]

#htmlinsert(ychloemen.html)

***official site [#m4078f8a]
http://www.chloe.com/
#split()
#htmlinsert(google300.html)
}}
----
出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』
CENTER:[[SHOP・BRANDページへ戻る>SHOP・BRAND]]     [[TOP PAGEへ戻る>TOP PAGE]]