UVカット

UVカットとは肌を紫外線から守るための吸収材や散乱剤を含ませたり、コーティングしたりする加工。紫外線を熱に転換・放射する有機系の吸収材、反射させる無機系の散乱剤(セラミックなど)が使われる。また、中が空洞になった微粒子は、一般の粒子に比べてより多くの光を反射するので、この微粒子を紫外線散乱剤入りのアクリル・スチレン系樹脂で作り、効率よく紫外線をカットするものもある。この他、米、ひまわりの種などからアレルギーの心配の少ない有機桟酸塩を科学的に合成し、これを利用する方法もとられている。綿ウールポリエステルなどに使うことが多い。

関連項目

アクリル
綿
ウール
ポリエステル

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る