Tシェープドラペル

Tシェープドラペルとは背広の衿型の1種。上衿の幅が下衿よりも広く、衿きざみの形がT字形になったラペルのこと。これを逆のスタイルにしたのがLシェープドラペルであり、共に変わり型の衿としてコンテンポラリーモデルに多く見られる。
コンテンポラリーモデルには、これでなくてはならないという決まった形があるわけではなく、テーラードスーツなどの伝統的なアイテムを、今日的な感覚で着こなすファッションスタイル。
主にはソフトショルダーをシェイプしたボディーラインを特徴とするものや、ワイドラペルなど。Tシェープドラペルも変わり型の衿型として伝統的スーツスタイルに一味を加えるもので、ビジネス用のジャケットよりもカジュアル素材で仕立てられるものに見られる衿型となる。

関連項目

ラペル
背広
上衿
スタイル
Lシェープドラペル
コンテンポラリーモデル
テーラードスーツ
アイテム
ワイドラペル
スーツ
ジャケット

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る