SLタック釦

SLタック釦とはYKKスナップファスナー社製足付き釦の一種。同等品は別名称で他附属メーカーでも取り扱っている。

タック釦の類似形状釦で、アンダーパーツSLタックの尖った2本の爪による打ち合わせが特徴。
SLタックの爪を生地、足付き釦を貫通、並びに曲げて噛み合わせる事によりトップパーツを固定する。

使用用途、基本構成はタック釦と同じだが、トップパーツ、アンダーパーツをそれぞれSLタイプ専用のものを選択する必要がある。共に通常のタック釦よりバリエーションは少ない。

SLタイプは旧式の圧着方式で、現在一般にはあまり使用されない。
理由は打ち損じが多い事、打ち損じた場合、タックの尖った爪が露出し、人体を傷付ける恐れがある事が挙げられる。
附属に対する使用基準を設けている小売りでは、SLタイプの釦は使用不可というところも有る。
強度等、機能性は問題無い為、管理徹底さえできれば使用に問題は無い。

SLタイプの釦は30年代~40年代のアメリカンカジュアルウェアーに多数使われており、そのバックグラウンドを意識してあえて選択するケースが多い。

関連項目


足付き釦
タック釦
SLキャップ釦

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

附属ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る