MRSA感染を防ぐ加工

MRSA感染を防ぐ加工とは病院内でのMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の感染を防ぐための加工。
手術着、看護婦用白衣、病院内のベッド用生地寝装品、インテリアなどに使われている。ポリエステル、ポリノジックに抗菌剤を練り込んだ繊維を使ったものと、後加工で抗菌剤を結合させたものがある。

関連項目

ポリエステル
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る