KJ法

KJ法とは資料や情報を整理、分類する方法。文化人類学者の川喜多二郎が開発した発想法。アイディアや情報をカード化し分類し、その組み合わせで対象を総合的に捉える方法である。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る