FENDI・フェンディ通販

ブランドヒストリー Edit

1925年、ローマでエドアルド&アデーレ・フェンディ夫妻がローマのプレヴィシート通りに小さな皮革製品の店と毛皮工房をオープン。1946年、ピアーヴェ通りに店をオープン。これを機に創始者の娘、フェンディ五姉妹が会社に従事し始める。その後、フェンディ家の五人姉妹パオラ、アンナ、フランカ、カルラ(現社長)、アルダの才知と手腕によって、店は発展。

1965年にカール・ラガーフェルドが毛皮のデザイナーに就任。ラガーフェルドは、かつて試されたことのなかった、織り込み、重ね込み、エナメル加工、ステッチ使いなどさまざまな技法を駆使。クラシックな毛皮のイメージを一新し、クリエイティブで機能的なものに変えた革新的なデザインが話題を呼ぶ。上質の皮革製品を生み出すイタリア伝統のクラフトマンシップと斬新なデザインが結び付き、新テクニック、新素材への挑戦が多くの人の支持を受ける。カール・ラガーフェルドの革新的なアイディアとたぐいまれな職人技の結びつきによって、ほかの毛皮専業メーカーの追随を許さない、ラグジュアリーで個性的なモードブランドへと成長を遂げる。

1969年、毛皮コートプレタポルテを発表。革製品もプリントや脱色、染色加工など新しい試みを施され、同時にバッグや小物も発表した。このときに、1940年代からコートや羊のバッグの裏地として使われていた「ダブルF」の柄にカールが着目、これを表側に使うよう提案し、有名な「ズッカ柄」が誕生。以後、ブラウン地にブラック文字の「ダブルF」はブランドのアイコンとして現在まで人気を保っている。

1977年には毛皮や革製品にコートジャケットなど幅広いアイテムが加わり、本格的なプレタポルテをスタート。ラガーフェルドが発表した初のコレクションは、ニューヨークの有名百貨店「ヘンリ・ベンデル」がコレクションすべてを買い占めたという。

1980年、既存のダブルF柄に、幅広のストライプ柄ぺカンを新たに加える。1985年にはローマ現代美術館においてフェンディ60周年およびカール・ラガーフェルドとのコラボレーション20周年を記念した展覧会を開催。同年、フェンディ初の香水を発表。1987年、創始者の孫世代が本格的に参加。毛皮とスポーツウェアのライン、フェンディッシメを発表。1989年、ニューヨーク5番街720番地にアメリカ初のフラッグシップストアをオープン。同年、フェンディ・ウオモ(メンズ)フレグランスを発売。1990年、衣類と小物のトータルメンズコレクション、フェンディ・ウオモを発表。メンズはシルヴィア・べントゥリーニ・フェンディがデザインしている。

1997年、新作バッグ「バゲット」を発表。スタイルオフィス・ディレクター、シルヴィア・べントゥリーニ・フェンディにより、97-98秋冬コレクションにて発表され、一大ブームを巻き起こす。名前はフランスパンを小わきに抱えているかのように持ち歩くことから名づけられた。このバッグは、クロコダイルファー?など約600種類のバリエーションが生まれ、現在に至るまで世界で約40万個が販売されたという。1999年、新作バッグ「ロールバッグ」を発表。同年、LVMHグループとプラダが資本参加し、合弁会社を設立。2000年、直営店のネットワークを強化、全世界で4店舗から83店舗まで拡大。2001年、プラダが保有する合弁会社の株のすべてをLVMHグループが買収。LVMHグループがフェンディ株式の51%を所有することとなる。2001年春夏、一回り小さなサイズのダブルF柄「ズッキーノ」が登場。

日本では、1972年から、アオイによって展開され、1974年ホテルニューオータニ・サンローゼ赤坂にブティックをオープン。しかし、LVMHグループ入りに伴い、2001年3月には、LVMHとアオイによる、フェンディ・ジャパンを設立。LVMHの力が強まるにつれ、赤坂店(同店の上にアオイの東京本社がある)はクローズされ、LVMH主体の店舗展開がなされるようになる。これを受けて、2002年11月23日、神戸市中央区の旧居留地商業ビル1、2階にルイ・ヴィトン、ベルルッティとともに店舗をオープン。国内二店目の直営大型店で、毛皮専用サロンを設け、博多リバレイン店でのみ扱ってきた紳士衣料も販売。2003年8月銀座・並木通り店クローズ。2003年9月20日、表参道のLVMH複合ビルにセリーヌ、ダナ・キャラン、ロエベとともにONE表参道店オープン。

フェンディといえば、やはり毛皮。日本でもかつて、赤坂店でシーズン前に行われていた毛皮の受注会はセレブの憧れでした。あの、エヴィータも愛用し、ルキノ・ヴィスコンティ監督をはじめとして多くの映画でも使用されています。また、バッグの「セレリア」は創業者アデーレとエドアルド・フェンディが乗馬を好んでいたことにインスピレーションを得て誕生。セレリア・ラインは、ローマの伝統的な馬具に使用される貴重な革「キュリオ・フィオレ」を使用し、特徴的な、持ち手やへり部分のステッチも含め、全工程が専門の職人の手作業で行われている。バッグの中にはシリアルナンバー入りのシルバープレートが施される。

2003年春夏コレクションで新たに発表されたのは、古代ローマの戦車にインスピレー ションを得た新作バッグ「ビガ」。SFムードただようシルバーメタリック色のバッグは、今まで見たことのない斬新なデザイン。ONE表参道オープンを記念した限定バッグは、A4サイズの太陽をかたどって手縫いされた四角いスパンコールに、手縫いステッチが人気の「セレリア」のハンドル。フェンディが特定のショップのために商品を作るのは初。ダブルF柄には「TOKYO」の隠し文字がちりばめられている。

FENDIレディス楽天ショッピングページへ

FENDIレディスYAHOOショッピングページへ

FENDIメンズ楽天ショッピングページへ

FENDIメンズYAHOOショッピングページへ

official site

http://www.fendi.com/


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

SHOP・BRANDページへ戻る     TOP PAGEへ戻る