COMME DES GARCONS・コムデギャルソン通販

ブランドヒストリー Edit

川久保玲が69年に既製服界に進出した際のブランド名。73年には株式会社「コム・デ・ギャルソン」となった。

川久保玲は1942年東京生まれ。慶應義塾大学で美術を学んだ後、旭化成工業の宣伝部(広告部)へ入社し、その後はスタイリストとしてフリーランスで活躍。

69年に東京・南青山で既製服部門の「コム・デ・ギャルソン」ブランドをスタートさせ、73年に株式会社化した。現在では日本国内で200を超える店舗を持ち、海外支店も数十店という展開ぶりである。

81年にはパリでコレクションを発表、2年後の83年には第1回毎日ファッション大賞を受賞。以後、パリのプレタポルテ・コレクションで常に上位に位置されるようになる。

80年代初期の作品は、黒をモチーフにした「ボロ・ルック」や「プア・ルック」がヒットした。80年代後期になると、まず87年にパリのポンピドゥ・センターにて「コム・デ・ギャルソン写真展」を開催し、翌88年にはニューヨークのFITギャラリーで「Three women 展」に参加、マドレーヌ・ヴィオネ、クレア・マッカーディルとともに20世紀の著名な女性デザイナーとして認知された。89年2月には東京・青山に200坪の店をオープン。オリジナル家具の製作にも力を注ぐようになった。

コムデギャルソン(川久保玲)の独創性は「破壊」というテーマに尽きる。彼女のデザインの基本となっている「破壊」とは、前シーズンのコンセプトさえ踏襲しない「拒絶」をルーツにしている。常にリセットしたデザインがコムデギャルソンのポイントである。

彼女(またはコムデギャルソン)の「破壊」というモチーフは、派手な色を避け、黒に絞った色遣いだけでなく、ウエスト、バスト、丈、左右といった様々なバランスがルーズになっている点にも象徴的である。この基本路線は、日本のデザイナーだけでなくロンドンのデザイナー(ジョン・ガリアーノ等々)にも影響を与えたといわれる。

経営面からみても、コムデギャルソンは独特で、ショップの立地、インテリア、商品ディスプレイ、販売方法といった多岐にわたる作業を川久保自身が行なっている。

となると、コムデギャルソンを着こなすという点では、非常に難しい水準を要求される。もっとも、90年代以降には黒以外の配色を行ない、フリルギャザー、それにソックスといった少女的なデザインも行なっているが、小林秀雄が言った「批評とは違和感である」というテーゼにマッチした路線は維持している。97年春夏のパリコレで発表された「ボディミーツドレス」や2001~02年でのパリコレなどが代表例だ。

インテリア、アート、モードといったものと隣り合わせになりながらも、あくまでも「ファッション」という面を優先する姿勢は、作品が「鑑賞」向けのものではなく「着る」という実践的なものであるという点も、彼女、あるいはコムデギャルソンとしてのポリシーであることに代わりはない。

COMME DES GARCONSレディス楽天ショッピングページへ

COMME DES GARCONSレディスYAHOOショッピングページへ

COMME DES GARCONSメンズ楽天ショッピングページへ

COMME DES GARCONSメンズYAHOOショッピングページへ

official site

http://www.comme-des-garcons.com/
http://www.comme-des-garcons.org/


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

SHOP・BRANDページへ戻る     TOP PAGEへ戻る