CIE標準表色系

CIE標準表色系とはCIE(国際照明委員会)が1931年に定めた表色系で、XYZ表色系を基礎とし、光の三原色?の原理に基づいて発展させたもの。物理学者のT・ヤングが発見して、その後H・ヘルムホルツが拡充し、色度図を用いてXYZの三つの値で表した。色度図は、色をベクトルで表示する。横軸がXで色度、縦軸Yが反射率で明度に相当し、無彩色は図の中心部にあたり、周辺に行くほど彩度が高くなる。

関連項目

光の三原色?
明度
無彩色
彩度

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る