CAM

CAMとは「コンピューター援用生産」の意で、Computer Aided Manufacturingの略。コンピューターと直結させて、設計段階から工場生産まで統括的に行う生産支援システムを言う。
アパレル業界では通常、CAD(コンピューター援用設計)と連動するシステムとして組み立てられ、CADCAMシステムと呼ばれることが多い。この場合、CAMCADによって作成された型紙をもとにして生地を裁断するコンピューターシステムを意味し、裁断にはナイフ、レーザー、超音波ナイフ等多用な方式の物が開発されている。

関連項目

アパレル業界
CAD

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る