CAD

CADとはコンピューター援用設計の意。computer aided designの略。アパレル業界では、パターンメイキング、グレーディングに広く用いられている。ディスプレイ上で製図することができ、その内容をデジタル化して必要な時に取り出して、修正することも可能。コーディネートのシュミレーション等にも用いられる。一般にCAMと合わせてCADCAMということが多い。 日本のアパレル業界で主に用いられているCADの種類では、東レのクレアコンポ、ユカアンドアルファのAlpha、AGMS(旭化成)のCADシステム等がある。

関連項目

アパレル業界
グレーディング
CAM

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る