ABC分析

ABC分析とは企業の全取扱商品(または取引先)のなかで、売上貢献度の最も高い商品群(または取引先群)をAグループ、以下Bグループ、Cグループと3ランクに分類し、分析すること。
各ランクに応じた管理方式を適用することによって、販売及び営業活動の効率化、適正な在庫(または取引先)コントロールを図ることが出来る。通常、総数の20%のAグループで全売上の70%、50%のBグループで20%、30%のCグループで10%という分布になる。この比率を表した図をパレート曲線グラフと言う。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る