2×1針抜きゴム編

2×1針抜きゴム編とは針抜きゴム編の一種。針抜きゴム編とはリブ編変化組織総ゴム編の針を規則的な間隔と本数で抜いた編地で、抜き方によって様々な編地が有る。針抜きを応用したゴム編は、普通の総ゴム編に比べて、よこ方向の伸びがいっそう大きくなるのが特徴である。
2×1針抜きゴム編は針を2本おきに1本ずつ抜いたもので、表目と裏目が2目ずつ、縦方向に交互に並んだ編地。リブ編セーターによく用いられ、肌着Tシャツの場合はテレコとも言う。変形型では2×2針抜きゴム編も多用される。その他の針抜きゴム編では1×1針抜きゴム編3×2針抜きゴム編も多用されている。

2×1針抜きゴム編.png

関連項目 Edit

ニット
針抜きゴム編
リブ編
変化組織
総ゴム編
ゴム編

編地
セーター
肌着
Tシャツ
テレコ
1×1針抜きゴム編
3×2針抜きゴム編

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る