麻番手

麻番手とはまたは麻紡方式で紡出したに対する番手で、重さ1ポンド(453.6g)で長さが300ヤード(274.3m)あるを1番手といい、1ポンドの重さを一定にして、300ヤードの倍数をもって番手とする恒重式番手である。
の中心的な太さは60sであるが、これは1ポンドの重さで18,0000ヤードの長さがあるということになる。番手の表示のしかたは60s、60/25と、綿番手の表示と全く向じである。このため特に、または麻番手ということを明記して混同をさける必要がある。

綿番手:1ポンド(453g)=840ヤード(768m)・1g当たり約1.7m。
麻番手:1ポンド(453g)=300ヤード(274m)・1g当たり約1.6m。
ウール番手:1000g=1000m・1g当たり1m。
デニール長繊維番手):0.05g=450m・1g当たり9000m。

関連項目



番手
綿
綿番手

ウール
デニール
長繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る