顔料捺染

顔料捺染とは録染にはまだ比較的、顔料が使われる。顔料は水に溶けないので直接繊維に吸着しないが、合成樹脂を接着材として布の表面に固着させて着色する。そのため顔料樹脂染料、またはピグメントレジンカラーなどといわれている。
しかし、これは下地の色をかくすので使利な場合もあるが、布の風合いが硬くなる、摩擦に弱い、ドライクリーニングにも弱いなどの欠点がある。
昔は比較的多く使われていたが、現在では染料捺染が普及し、顔料捺染は繰り返し展開して織られる1循環ワンリピート捺染や、Tシャツなど低価格品に使われることが多い。

関連項目

染色
顔料
繊維
染料
ピグメントレジンカラー
捺染
Tシャツ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る