顔料

顔料とは染料が水溶性であるのに対し、水や油に溶けず繊維との親和性のない色素をいう。
無機性と有機性に分けられる。有機顔料は、一般に色が鮮明で、着色濃度も大きく、色相が豊富であるため多く使われている。織物などにも樹脂を固着剤とした顔料捺染が行われる。

関連項目

染色
染料
繊維
織物
顔料捺染

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る