電着加工

電着加工(でんちゃくかこう)繊維の毛羽(けば=フロック)を布地の表面に植毛する加工のこと。フロッキー加工フロック加工静電植毛ともいう。
織物にあらかじめ接着剤を塗布したのち、静電気を帯電させることによって、主としてナイロン0.5-2mm程度の長さの繊維を垂直の状態に接着させる方法である。これによりビロード状のものができる。ペナントやビロードの代用として使われる。プリントのように柄をつくって部分的に植毛したものはフロッキープリントまたは電着捺染という。

関連項目 Edit

繊維
フロッキー加工
フロック加工
静電植毛
織物
ナイロン
ビロード
プリント
フロッキープリント
電着捺染

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る