防炎加工

防炎加工(ぼうえんかこう)とは繊維に火がついた場合に燃え広がりにくくする加工のことで、繊維に難燃性のタングステン化合物やフッ素加工樹脂を塗布するものや紡糸原液に難燃剤を混入するものがある。
カーテンをはじめ子供服や老人服にも用いられる。

関連項目 Edit

繊維


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る