組織 綾織朱子織 Edit

品質 Edit

とはそれに対するはっきりした定義はないが、昔、百済(くだら)から日本にその技術が伝わったとされている。
当時、日本では驚異的に豪華な織物であったため、その価値が金に相当する帛(はく、織物という意味)である、というところからといわれたという。
大体綾織の堅い地合いの織物であるため、「綾錦(あやにしき)」ということばが生まれた。は多くの色糸を使って織られていたため、特に豪華な織物となった。
1500年代の終わり頃に明(みん)より中国のが伝えられこれを唐錦(からにしき)といい、それまでのものを韓錦といった。唐錦になって模様織となり、金糸、銀糸が使われ、金欄(きんらん)と呼ばれるものができるようになった。このように錦は多彩な色糸や金、銀糸を使い、更に複雑な組織で華麗な文様を織り出した芸術織物である。現在では帯地などに使われている

錦.png

関連項目 Edit

織布
織物
綾織
朱子織

金欄

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る