金属錯塩染料

金属錯塩染料とは酸性染料の一種で、クローム、銅などの金属原子と染料分子が錯塩を形成している染料
金属原子と染料分子の結合割合が1:1のものと1:2のものがある。金属サイドがクロームとコバルトのものは羊毛ナイロン用に、銅は綿用に、ニッケルはアセテート用に直捺染法用として使われる。含金酸性染料ともいわれる。

関連項目

染色
酸性染料
染料
羊毛
ナイロン
綿
アセテート
直捺染法
含金酸性染料

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る