部分整経

部分整経とは、たてストライプチェックも含む)の織物をつくる場合の整経方式で、織物の幅を約10分の1ぐらいずつ整経していくのでこの名がある。
ストライプの配列が厳正に決められるが、この整経方法はその配列のできることが特長である。無地織物をつくる場合の荒巻整経と対比される。またこの方式は量の少ない織物に適するため、織物では無地染めでも使われている。

関連項目

ストライプ
チェック
整経
織物

荒巻整経

無地染め

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る