還元染色

還元染色とは建染染色ともいう。バット(建染)染料硫化染料は水に溶けないのでアルカリ性の水溶液で還元して水溶性にし、染まるようにする。
染めたあと空気にさらし、空気中の酸素によって酸化し、繊維の中で色素が固着する。このように不溶性の染料を水溶性にして染まるように還元することを「建てる」というところから建染めといわれる。この染色法によると洗濯、日光に対する染色堅牢度がよいのが特長である。

関連項目

染色
建染染色
染料
硫化染料
染色堅牢度

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る