逆ハーフトリコット

逆ハーフトリコットとはハーフトリコットのフロントとバックを逆にした組織。リバースニット、あるいはバックハーフとも呼ばれる。
編地ハーフトリコットよりよこ方向の伸縮性が小さくなり、織物ライクな性質となる。主にシャツ地として使われるが、細デニールのモノフィラメント糸を使って、ボンディングやキルティングの基布としても使われる。

逆ハーフトリコット.png

関連項目 Edit

ニット
ハーフトリコット

リバースニット
バックハーフ
編地
織物
シャツ
モノフィラメント
キルティング

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る