赤紫

赤紫とは、赤と紫の中間色のこと。<せきし>と読むこともある。
酢で灰汁(あく)の媒染作用を弱めて染色することで表れる、みのある紫根染の色である。持統天皇四年(690)に定められた「冠位」に二位から五位が赤紫を用いられるようになっている。

関連項目

染色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る