裏打ち

裏打ちとは表地の厚みや張りを補強する為に、表地の裏面に別布を当てることを言う。通常、裏打ちされた二枚は、一枚の布として縫製される。効果としては、シルエットを整え保つことの他、折り代や縫い代が表に響かず、仕上がりが美しいことが挙げられる。さらにレース等の透ける布地の場合は、透けることを防ぐ下着的な役割や、意識的に色が違う裏打ち布を用いることによって柄の効果を狙うこともある。一般的に裏打ち用の布地としてゴーズオーガンジー毛芯不織布等があるが、表地の素材やデザイン、目的を考慮して選ばれる。

関連項目

シルエット
レース
ゴーズ
オーガンジー
毛芯
不織布

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る