衿腰

衿腰とは立ち代あるいは台衿とも言い、衿の折り返しから身頃までの部分を指す。あるいはその部分の高さのことを言い、ロールカラーウイングカラーなど首にに沿って高く立っているものは、衿腰が高いと表現される。
反対に、フラットカラーなどは衿腰の低い衿の代表的なもの。また、折り返しの無いマンダリンカラーなどの立ち衿は得に「のぼりしろ」といって区別される。
ちなみに折り返った部分は衿羽根と呼ばれ、これを一般的に衿と言っている。

衿腰.jpg

関連項目 Edit

カラー
ロールカラー
ウイングカラー
フラットカラー
マンダリンカラー

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る