蒸じゅう

織物に行う加工。デカタイジングとも言う。
織物をシリンダーに巻き込み、蒸気で加熱、空冷してセットする工程。仕上げの最終工程として織物の表面状態を整え固定する目的で行われる。
煮じゅうと同様の作用が得られるが、それに比べ乾いた状態で最終セットする為、短時間で処理でき、染料の泣き出しが少ない等の利点がある。

関連項目 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る