色相対比

色相対比とは二つの色相が相互に影響しあって生まれる対比効果のこと。色相の差が大きいほど強く、黄色を背景にした緑と、を背景にした緑では黄色の背景がみ、の背景が黄みに知覚されたりする。二色が補色どうしの場合、色相対比の効果が彩度の変化として知覚される。

関連項目


補色
彩度

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る