色刺激

色刺激とは色を知覚する視覚伝達の仕組みの一部。物体を照らす反射光が目に入り、眼球を覆っている網膜にたっすると、そこには光を吸収して反応する視細胞が多数集まっており、色の識別が出来る錐体細胞に光が届く。そこで電気信号を発生させ、視神経を通じて脳に伝わる。その視神経までの伝達の仕組みを指す。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る