色の原理

色の原理とは眼には見える範囲と見えない範囲があり、見える範囲を可視光線と言う。通常、可視光線は見えないが、光(白色光)を見るためにプリズムを使用すると、スペクトルになって虹色に分光され、七色の色光が見られる。光は物体に当たると、吸収、反射、透過する性質があり、眼が色を感じる経路には光源色、表面色、透過色の3種類がある。それを視覚細胞を通して様々な色を認識することである。
物体の色は、光によって感じることが出来ない、光が無ければ色は識別できない。光は、波長と振動で表される電磁波であり、波長の違いによって数種類に分類される。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る