羅布麻

羅布麻とは別名を白麻という。ロープーマは中国のシンシャンウイグル〔新彊維吾爾〕自治区のロプノール〔羅布泊〕湖近辺に野生する爽竹桃(きょうちくとう)科の多年性草木で、古くから漢方薬用の原料として知られていた。
これを中国と日本が共同開発し、1989年から生地として登場している。従来のとは異なり、肌ざわりが柔らかく、しなやかで、のような光沢があり、経くて吸水性と通気性がすぐれているという特徴をもつ。服地、ハンカチ、タオルなどの高級として用いられる。

関連項目

繊維


タオル

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る