織布

織機よって織られたの集合体を織布(Woven Fabric)という。
には経糸、緯糸があり、それぞれ90度の角度で交織されて織布組織を形成する。
織布の縦方向の両端には耳と呼ばれる部分があり、補強の為に付けられている。耳は5mm前後の幅で、経糸を何本か引き揃えて1本の太い経糸として用いるか、織糸よりもやや太い経糸を用い、少し厚めに仕上がっている。

関連項目 Edit


織物

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る     TOP PAGEへ戻る