繊維産業

繊維産業とは天然繊維化学繊維を製糸、紡績織物などに加工し販売する企業群のことを指していたが、次第にアパレルなどの二次製品メーカーや流通段階のことも含めるようになった。
第二次世界大戦以前は紡績業が中心であったが、現在はアパレル流通が占めるウェイトが大きくなってきている。日本の総市場規模は約64兆円とされ、国家予算に匹敵するスケールとなっている。国内の産業は現在、NIES諸国の輸入に押されている。

関連項目

天然繊維
化学繊維
紡績
織物
アパレル
流通
NIES

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る