繊維セーフガード

繊維セーフガードとはWTO(世界貿易機構)の協定で認められた緊急輸入制限措置(セーフガード)のうち、特定品目である繊維に関する特別措置を言う。略称TSGは「textile safeguard」の略。2004年末で廃止されたが、中国に関しては2008年末まで延長された。TSG発動の要件や手続きについては、経済産業省が告示によって決めている。TSGが発動されると、特定国を対象に3年間、輸入数量が制限されることになるが、過去1年間の輸入実績の6%増までは輸入が認められているので、輸入数量を減らす効果は薄いと見られている。尚、繊維品の場合、中国が最も対象になるが、中国のWTO加盟と引き換えに、対中特別セーフガードが新設されたので、発動の環境だけは従来よりもやや整ったと言える。

関連項目

WTO
繊維
TSG

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る