繊維の重さ

繊維の重さとは繊維製品の重さに関係する繊維の比重は、繊維によって差があり、天然繊維は1.6の間にあって重く、合成繊維は1.1~1.4の間にあって軽い。しかし、これがになり衣料になった時の重さは必ずしも比重だけで左右されず、または製品のかさ高さの程度が大きく影響する。
すなわち、綿繊維の断面でもわかるように中空になっているので実際の比重よりも軽い。同じようにまたは布で精練することにより、にかわ質のセリシンが除去されて繊維聞に空隙ができ、かさ高となり実際の比重より軽くなる。合成繊維もいろいろな加工技術によって、かさ高にし、見かけの比重を小さくすることができる。衣料は一般的に軽いことが好まれるが、ものによっては重厚な感じを出すために重みを必要とする場合もある。

関連項目

繊維
天然繊維
合成繊維

綿

精練
セリシン
衣料

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る