練り込み法

練り込み法とは主に合成繊維に特別な性能を付与するため、その性能を持った物質を繊維になる前の段階、すなわちポリマーの中に混入する方法。たとえば抗菌繊維には抗菌剤を、難燃繊維には難燃剤を練り込む方法がある。

関連項目

繊維
合成繊維
ポリマー

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る