紋綸子

組織 紋織 Edit

品質 Edit

紋綸子とはジャガード織で、地模様を織り出したもので、特に小さな模様のものを小紋綸子という。綸子には紋綸子と紋のない無地綸子があるが、一般に綸子と称するものはほとんど紋のあるものである。
綸子とは紋織物の一種。経糸緯糸とも生糸の無撚糸を使い、ジャガードで朱子の表組織と裏組織とを組み合わせて模様を織り出したもので、地組織は朱子の表を出し、模様の部分は朱子の裏を出すように織る。
織り上げ後に精練して白に仕上げる。駒撚糸(=中撚りの諸撚り糸)を使ったものを駒綸子といい、ともに婦人和服地に使われる。
綸子は生糸を使って織り、あとで精練し、後染めする生絹織物であるのに対し、精練染色してから綸子と同じような織り方をした先染織物緞子(どんす)である。
綸子経糸緯糸とも同色のを使うので、無地であっても光線の反射で模様が浮いて見える織物となる。薄地のものは夜具地、座ぶとん地、厚地のものは帯地などに使われる。

紋綸子.png

関連項目 Edit

織布
織物

小紋綸子
綸子
経糸
緯糸
紋織物
ジャガード
精練
駒綸子
後染め
生絹織物

染色
先染織物
緞子

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る