紋紙

紋紙とはジャガードを使って紋織物を織る場合に用いる。模様を織りだすための穴あきの厚紙のこと。
模様にしたがって紋紙に穴があけられており、この穴によって経糸の上下動、すなわち織機の関口が行われ、模様が織りだされる。
1関口につき1枚ずつ分離した紋紙と、連続した長い状態の物がある。ドビーに使う同種のものも紋紙という。

関連項目

ジャガード
紋織物
経糸
織機
ドビー

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る