糸捺染

糸捺染とは織物捺染に対しての状態で行う捺染のこと。経糸捺染ともいう。
織物経糸がばらばらにならないように、1インチおきぐらいに粗く緯糸を織り込んだ状態にして捺染する。これを再び織機に仕掛けて、先に粗く織り込んだ緯糸をほぐし(除去し)ながら、正規の緯糸を所定の密度で織り上げる。
この方法では、経糸どうしが微妙にずれ、のようなぼかされた模様となる。銘仙などの織物に早くから使われていた手法である。解し織り、解し捺染ワーププリントともいう。

関連項目

染色
織物
捺染

経糸
緯糸

銘仙

解し捺染
ワーププリント

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る