糸印

糸印とは布にで印を付けること。またはその印。ヘラやルレットで印が付きにくい厚手のウールや、布地に跡が残ってしまう恐れがある場合に用いる。生地じつけと縫いじつけがある。は通常しろも(白い木綿糸)が使われるが、布によって綿ポリエステルと使い分ける。色付きのの場合は色もという。

関連項目


ルレット
ウール
綿

ポリエステル

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る