糸ループ

糸ループとは衣服に使うループの一種で、で作った輪(ループ)。3~4本のを芯にして別の糸を巻いたワークドループや、鎖編などが、ベルト通しや、突き合わせの明きの釦かけ、鉤ホック掛け、スカートコートの表地と裏地の裾を止める場合などに用いられる。

関連項目


スカート
コート
裏地

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る