糸の撚り

糸の撚りとはにするためには撚りをかける必要がある。さらに撚りは、少なくかける場合と多くかける場合によっての強さ、集束性、固さ、光沢などが変わり、用途、目的によって撚りの大小は変化する。
撚りはその方向によって右撚り左撚りとがあり、JISによって、右撚りをS、左撚りをZで表示するように決められている。
一般に紡績糸左撚りZ撚り)、フィラメント糸右撚りS撚り)、双糸の場合の上撚り(2本を撚り合わせる時の撚り)は単糸と逆方向の撚りをかける。
撚り数は綿糸は1インチ(2.54cm)間の撚り数で表わし、羊毛糸は10叩間、フィラメント糸はlm間の撚り数で表わす。なお、2本の単糸撚り合わせた諸撚り糸紡績糸諸撚り糸双糸または「ふたこ」、3本撚り合わせたものを三子撚りフィラメント糸の場合で、無撚か、またはほとんど撚りのかかっていない単糸を2本撚り合わせた片撚り糸という。
ニット用は撚りが甘く、織物用の80-85%の撚り数である。これは、ふっくらとしたやわらかい手ざわりが、ニット製品には特に必要とされるためである。

関連項目


撚り
右撚り
左撚り
紡績糸
左撚り
Z撚り
フィラメント糸
右撚り
S撚り
双糸
上撚り
単糸
綿糸
羊毛糸
諸撚り糸
ふたこ
三子撚り
ニット
織物

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る